便秘解消にはどんなものをいつ食べたらいいの?

あなたの毎日のお通じの具合はどうですか?ここ一週間ほどご無沙汰で…という人もいるかもしれません。便秘は不快感だけで無く、お肌の調子が悪くなったりおならが出やすくなったりといった不調も出やすくなります。ここでは、便秘解消のために食生活からのチェックしていきましょう。どんなものを食べたらいいのか、いつ摂ればいいのか等をまとめました。

乳酸菌が多い食べ物

体は、口から入れた食べ物から必要な栄養素を吸収し、残った老廃物が便として出されます。便秘は腸の動きが悪くなっているため、便が硬くなったりする症状の事です。腸内環境を整える為には乳酸菌が多い食べ物を積極的に摂るように工夫していきましょう。乳酸菌が多い食べ物は主に
・牛乳、チーズ、ヨーグルト、バターなどの乳製品
・ひじき、昆布、わかめなどの海藻類
・小豆、大豆などの豆類
・さつまいも、山芋、ゴボウにレンコンなどの野菜類
・えのき、まいたけなどのキノコ類
他には切り干し大根、干し椎茸などの乾物。バナナ、アボカドなどの果物が挙げられます。こうやって見ると、結構たくさんの食べ物に乳酸菌が含まれていることが分かりますね。特に野菜類は、土から摂れるものが便秘解消には効果があると言われています。

食べ物以外で乳酸菌を摂る方法は?

乳製品が苦手な方も多いでしょう。また、一人暮らしの方は遅くに仕事から帰ってきて、夜ご飯の支度をするのが大変な時もあるでしょう。そんな時は便秘サプリとして、乳酸菌サプリを摂取するのがおすすめ。便秘薬と違って、腸内環境を整える為のサプリです。これなら気軽に始めることができますね。

いつ摂取すると効果的なの?

もちろん、朝に摂取することでも一向に構いませんが、乳酸菌は夜摂取するとより活性化して効果アップが図れます。できたら夕食後、就寝2時間前までに摂取すると、翌朝に出やすくなるかもしれません。また、乳酸菌の多い食べ物の代表格としてヨーグルトを食べる人もいるでしょう。就寝前に食べることでカルシウムを摂取するのにも効果が期待できますよ。便秘サプリも同様に、夜摂取するといいでしょう。

まとめ

乳酸菌の多い食べ物や時間、サプリのすすめなどをまとめましたがいかがですか?すぐに体質改善はできないかもしれませんが、これらの食べ物を上手に摂って、快便生活を目指して下さい。